初心者バックパッカーが行く!2日目

スポンサーリンク

いざ、ドイツへ!

さて、経由地のベトナムの滞在を終え、いよいよドイツのフランクフルトを目指します。

 

ベトナムハノイ空港を出発し、ドイツのフランクフルト空港に到着予定です。時間にしておおよそ12時間。なげえ。。。

しかし逆にここまで長い空の旅も初めて。新しい何かを発見できるかもしれない。

そういうわくわくも抱きつついざ出発。

 

離陸して1時間ほどで機内食をいただきました。魚の何かをチョイスした気がする。味は可もなく不可もなく(笑)

周りの人たちを見るとお残しされている方も。

 

しかし食べ物を残さないのが私のポリシー。小学校、中学校と一切給食を残さなかったことだけが誇りの私。もちろん骨の髄までしゃぶりつくしてやりました。

 

機内食も食べ終わり、ベトナムではしゃいだ分いかんせん眠い。フライト時間も長いので寝よう。睡眠をとりました。

そして私の体内時計的に1時間くらいのところで目が覚めました。

すると、飛行機が着陸の準備に入って高度下げているあの、ふわって感じ。

私は心の中で、え?不時着?何かあった?くらいのパニック。しかし答えはすぐに見つかりました。隣に座っていた友達がこう言ったのです。「あ~やっと着いたなー。」

もう私は!?!?!?!?!?

そうです。私、自分では1時間寝ていたつもりだったのが実は10時間くらい寝ていたのです。自分の体内時計の壊れ具合と睡眠力には度肝を抜かされました。

 

こうして私の12時間の空の旅のお8割以上は睡眠で幕を下ろしました。

 

到着!ビール、ソーセージの地、ドイツ

ドイツに到着しましたが、まったく実感がない。なにせ飛行機でほとんど寝ていたのですから。しかし高い飛行機代を払ってきたヨーロッパ。1秒でも長く楽しんでやろうと気持ちを奮い起こします。

 

f:id:Mr-381:20190223233808j:plain

これからの予定はざっくりこんな感じ。訪れる国数は11か国!もちろん私たちはただの大学生。大金を持っているわけもなく、節約節約の旅となります。

 

まずは計画通りにベルリンを目指します。

 

フランクフルトからベルリンまでは列車で4時間かけての移動です。

列車の中で友達がドイツ人のおば様二人と仲良くしゃべっていました。友達によるとおば様二人は姉妹でお母さんが危篤だから会いに行くんだぜ、がっはっは。的なこと言っていたらしい。母が危篤でがっはっはとは。どんな神経をしているんだ(笑)

 

そんなこともありつつベルリンに到着。

 

そして最初に訪れた観光名所は、国会議事堂!

f:id:Mr-381:20190223234531j:plain

でかーいの。これが。

写真からは伝わりずらいかもしれませんが、この威風堂々たる佇まい。圧巻です。

 

次に訪れたのはブランデンブルク門

f:id:Mr-381:20190223235030j:plain

これもまたでかい。マジでなんでもでかい。周りを見ても私より身長が高い人ばかり。よぼよぼのおばあちゃんでさえ私よりも大きい始末。(ちなみに私の身長は166cm)

 

そしてブランデンブルク門を後にし、本日のメインのベルリンの壁へ!

 

 

ベルリンの壁

理系で地理、歴史に疎い私でさえ百も承知のベルリンの壁。壁にはアーティストたちが描いた絵がずらり。絵を楽しみながら歩を進めると。ありました!ベルリンの壁と言えばこれでしょう。

f:id:Mr-381:20190224000645j:plain

旧東ドイツのホーネッカー書記長とソ連ブレジネフ書記長がキスしているイラスト。

これをバックにキスしているカップル観光客がたくさんいました。嫉妬の色を隠せませんでした。

 

またしばらくぶらぶらすると

f:id:Mr-381:20190224001112j:plain

なんと日本のイラストが。

絵の意図は酌み兼ねますが、日本というだけでなんかうれしい(笑)

 

本場のビール

観光も終え、宿へ。宿へ向かう途中スーパーによりビールを購入。

f:id:Mr-381:20190224001659j:plain

当時ビールは全く飲めず興味もない私ですが、「本場」ビン」という最高のシチュエーション。心躍らないはずがないでしょう。いざ実飲。

 

うん、やはり飲めない。だって苦いんだもの。

そんな僕をしり目に友達たちはめちゃめちゃおいしそうに飲んでました。

いつの日か、ビールを「ぷはーっ、うんめー」と言える日が来るのでしょうか。

 

私の中ではドイツを満喫した感満載ですが旅はまだまだこれから。

 

次は芸術と文化の街、ドレスデンへ…