初心者バックパッカーが行く!1日目

スポンサーリンク

1ヵ月にわたるバックパッカー生活

どうも381です!

 

半年も前の話になるのですが夏休みを利用してヨーロッパに1ヵ月、人生初のバックパッカ―生活を送りに行きました!

 

かっこよく一人で行ってきたと言いたいところですが、そんな根性私にはなく、仲良く友達と言ってまいりました(笑)

 

そんな私が1ヵ月の間で得た経験を綴っていきますので、これからバックパッカーをしてみたい方たちの参考になれたらなと思います。初心者なりのぺらっぺらな記事になるかもしれませんが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。

 

1日目は経由地のベトナム

関西空港を出発しておよそ4時間、経由地であるベトナムハノイ空港に到着しました。乗り継ぎ時間がなんと12時間とたっぷりある!これは観光しなくては、とハノイ旧市街へと向かうことにしました。

 

ベトナムのバスすげえ

空港を出るとタクシー、バスの運転手さんがたくさん。こぞって私のところのタクシーに乗れ、バスに乗れと言われました(笑)タクシーはぼったくられたり、おつりを偽札にすり替えられたりと怖いうわさを聞いたことがあったのでバスにしました。

 

しかしまたこのバスが面白かった。日本のバスでは安全のため停車するまで席で座ってお待ちください、というのが当たり前ですがベトナムのバスは違うのです。(私たちが乗ったバスがたまたま違う可能性も)

 

自分の目的地のバス停が近づいてきたら、バスの扉の前で待ち構えていないといけないのです。そしてバスがバス停に近づくと減速して止まる前に扉が開きます。そしてその間に客はバスを降り、のる人は飛び乗ってくるというスタイルでした。ほとんど停車しません。マジで。

そんなこととは露知らず、席で座っていた私たちは、目的地のバス停やー、よし、そろそろ止まるから降りる準備しよか、って時にはもうバスの扉は閉まっているところでした。反射的に私たちは「えええー!」というと、運転手さんが嫌そうな顔で振り返り、親切にも扉を開けてくれました。すぐさまバスを降りた私たちをしり目にバスはすぐさま走り去っていきました。

 

ハノイ旧市街観光

さてバスの件が長くなりましたがやっと観光です。

f:id:Mr-381:20190220152738j:plain

こんな乱雑に飾られたかばん屋さんを見たりカフェに行ったりと大変楽しみました。

そして思ったのが、バイクの交通量が半端じゃない。常にバイクが行きかっていました。そしてしばらく観光していてすごいことに気づきました。信号がめちゃくちゃ少ないことに!

 

f:id:Mr-381:20190220150942j:plain

上の写真のように車、バイクが行きかうようなところでも信号がありません。

じゃあどのようにしているのといいますと、バイクや車は器用によけたり譲りあっていました。そして歩行者はどうするのかといいますと、堂々と道を横断するのです(笑)そうするとバイクや車はよけていってくれます。逆に早く渡らないとと思って走ると、クラクションを鳴らされました。多分よけにくくて危ないからでしょう。

 

 

ハノイ大教会

f:id:Mr-381:20190220153556j:plain

もちろんハノイのシンボル、ハノイ大教会にも行きました。周辺には色鮮やかな建物からなるカフェや雑貨店などが立ち並ぶ中、デーンと大きく中央に君臨するこの教会。カフェに入ってぼーっと教会を眺めるだけでも楽しめます。ちなみに入場料は無料。ぜひ訪れた際は、中もみていってはいかがでしょうか。

 

他にもホアンキエム湖や玉山祠にも行きましたが私のカメラワークに問題があり、いい写真がなく、アップを断念しました。精進します。 

 

初のベトナム料理 フォー

観光を思う存分に楽しんだ後、空港に戻り、空港内のレストランで人生初のフォーをいただきました。

f:id:Mr-381:20190220154759j:plain

これがあっさりしていて大変おいしい。麺は薄く、つるつるとくちに入ってきます。香草などの癖は少しありますが、それもまたよし!

 

おいしくフォーを召し上がっていると、ベトナムの民族衣装を着たお姉さんたちが何やらよくわからない楽器を演奏していました。とても高い音色で胸に響いてくる感じ。今までの旅を締めくくるかのような。やめてくれ、俺たちの旅はこれからなんです(笑)

旅の初日に泣きそうになりました。

 

大満足のベトナム観光でした。

 

次は12時間の空の旅を楽しんだ後、いよいよヨーロッパです!