初心者バックパッカーが行く!8.9日目

スポンサーリンク

クロアチアドブロブニク

本日訪れるのは「アドリア海の真珠」と呼ばれる町、ドブロブニクです!

ドブロブニクザグレブより飛行機で40分ほど。空港に着くのは夜の11時、バスが来るのが朝の6時ごろ。人生初の空港泊を堪能します。

 

 

さて、まずは寝るためのベンチ探しです。空港にはそれほど人は多くなく、ベンチがスカスカだったので迷惑をかけずにぐっすり眠れそうです。

場所を確保し、荷物を持参していたチェーンで防犯対策をし、いざ就寝。

すぐに寝れたのですが目が覚めました。だって寒いんだもん。

8月のドブロブニクは日中30度近くにもなり、海に入るにはちょうど良い気温になります。しかし、夜や朝方は20度前半くらいになります。え、20度くらいやったらちょうど良くない?と思うそこのあなた。これが気温以上に寒く感じるのです。薄手のパーカーと長ズボンを履いていましたがそれでは対応できない。

これが空港泊かと。空港泊の洗礼を味わった日でした。

 

 

寒い夜を明かし、バスに乗りようやく街へ。寝るときあんなに寒かったのが嘘のように暑く、汗がしたたります。

こんなくそ暑い中荷物なんざ背負ってられません。荷物を置きに宿へ向かいます。

ここの宿のホストさんがやさしく、宿に着くなりクーラーがキンキンに聞いた部屋に案内してくださり(ヨーロッパは日本ほどクーラーが普及してません。)庭で作ったみずみずしいフルーツをごちそうしてくれました。

f:id:Mr-381:20190305010537j:plain

これがお世辞抜きに本当においしい。甘いだけでなくちょうどいい酸味も兼ね備えたブドウはいくらでも食べれます。黄色のフルーツはイチジク。クロアチアでは有名なフルーツらしい。これもまた美味なり。しかも葉っぱを添えるという見栄えにも気を使う始末。。。もう100点満点のごちそうでした。

 

おなかもいっぱいになり食後の運動ということで街をぶらぶら。

 

f:id:Mr-381:20190305011920j:plain

ロブリイェナツ要塞をみたり、

f:id:Mr-381:20190305012932j:plain

城壁を見て回りました。

 

一通り満足したところで一番の楽しみであるビーチへ。

1番近場のビーチへと足を運びましたがイマイチだったので、少し離れた違うビーチへ向かいます。

 

f:id:Mr-381:20190304184832j:image

美しすぎやしませんか?

周りは崖に覆われ、波が立たない穏やかなエメラルドグリーンの海。崖には洞窟もあり、海に入りながら洞窟探検も楽しめます。崖によじ登り飛び込みを楽しんでいる人もいました。

中にはスッポンポンで日焼けを楽しむ美女の姿も。おおっふ、私には刺激が強すぎます(鼻血)

 

 

時間は経ち時刻は夕方。

夕日で照らされる街を散策します。

f:id:Mr-381:20190304225054j:image

友達とは別行動で1人プラツァ通りへ。

プラツァ通りは城壁の入り口であるピレ門からラジャ広場に続くメインストリートで、ブランド品店やカフェ、ホテルなどがあります。距離にしておよそ400メートルと長くはないのですが、いやー満足。と言えるほどドブロブニクの雰囲気を満喫できます。

 


f:id:Mr-381:20190304225131j:image

港にはお金持ちの所持品であろうクルーザーがずらり。


f:id:Mr-381:20190304225041j:image

 お昼散策した時とはまた違った街を楽しめます。

 

いやー、正直訪れた国で一番良かった。散歩や海が好きな人にとっては本当に天国です。ちなみに私は両方に該当します。どちらか一つでも該当する方、ぜひドブロブニクを訪れることをお勧めします。