初心者バックパッカーが行く!6日目

スポンサーリンク

オーストリア・ウィ―ンへ

さて、本日はウィーンを目指します。

朝5時21分の列車に乗らないといけません。早い。。。

しかも宿から駅まで45分ほどかかります。道に迷うといけないのでさらに早めに宿を出ます。時間にして朝の4時。荷物の整理もあるので起きるのは3時半。

眠い目をこすりながら駅を目指します。

 

ヨーロッパの電車で知っておくべきこと

ヨーロッパの電車の大半は日本と違って改札がありません。

ではどのようにしているのかといいますと、まずは日本と同様に切符を買います。そして駅構内に入ると機械が設置されているのでそこに切符を差し込みます。すると切符を差し込んだときの日付と時間が記されます。そしてその切符を持ち電車に乗っていると、駅員さんが抜き打ちで切符を持っているか尋ねてきます。そこで先ほどの切符を見せ、日付などのチェックをしてもらいます。ここで先ほどの機械に切符を通していないと切符を持っていようがその場で罰金となります。

 

さて話は戻ります。

目的の駅へ行くまで電車を利用します。およそ3駅ほど。

切符を購入し駅構内に入ります。しかし周りを見渡せども切符に日付を記す機械がありません。電車の時間も迫っており焦る一同。そこで友達が言うには、電車の中に機械がある場合もあるらしい。それを信じて電車に乗り込みます。しかし電車の中にもやはり機械はありません。これで、もし駅員さんが回って来て切符を見せろと言われれば罰金となります。しかし、今まで何度か電車を利用しましたが、駅員さんたちが切符をチェックしているところを見たことがなく、友達もなかなか回ってこないから3駅くらいなら大丈夫だろうと言っていました。しかしその矢先、駅員さんがこちらに向かって来ます。もちろん目をつけたのは、でっかいリュックを背負った見るからに観光客の私たち。あー、終わったと思う一同。切符を見せろと言われ渡しますが、切符に日付は記されていません。次の駅で降りろと言われました(´;ω;`)

 

駅を降りると、駅員さんは規則で罰金です。と告げてきた。日本円にして5千円。節約節約の旅をしている私たちにとって5千円は大打撃。しかも今は朝の5時前。もう泣きそう。。。

お金を払い終えると、次からは気を付けるんだぞと解放してくれました。物価が安いチェコだったから5千円で済んだのですが、ドイツとかだと8千円くらい取られていたそう。不幸中の幸いかとポジティブに考えます。

 

オーストリア・ウィーン

さて前置きが大変長くなりましたがここからがメインです。ハプニングもありましたがウィーンに到着です。

 

ウィーン大学

友達がウィーン大学に入学する予定だから見ていきたいというので、ウィーン大学へ。

f:id:Mr-381:20190302123102j:plain

これ、どこかの美術館の中かな。と思うじゃないですか。これウィーン大学の中です。もう全部が大学らしくない。本当にどこかで講義やっているのかなと疑いたくなります。

夏休みということもあり、生徒は少なくのんびり見て回ることができました。

 

 

ペスト記念柱

f:id:Mr-381:20190302123654j:plain 正直もうすごいのかどうか分かりません。だってそこかしこに日本においたら観光スポットになりそうなものばかり。感覚がマヒしてきます。

 

ウィーン市庁舎

f:id:Mr-381:20190302124030p:plain

 宿に向かう途中、ウィーン市庁舎へ寄ります。市庁舎前では出店がずらり。出店を楽しむだけ楽しんで市庁舎は全然見ませんでした。なにをしているんだろうと今になって思います。

 

朝早くからハプニングがありつかれたので、本日は早めに宿へ。

皆さんも電車には気を付けて。。。