初心者バックパッカーが行く!最終日

スポンサーリンク

イギリス・ロンドンへ

1ヵ月もの旅もいよいよ最後を迎えます。最後を彩ってくれる国はイギリス!

ロンドンにはビッグベンやタワーブリッジ、バッキンガム宮殿と観光地がひしめきます。さあ、最後盛り上がっていきましょう!

 

タワーブリッジ

f:id:Mr-381:20190323135129j:plain

ロンドンの中心を流れるテムズ川にかかる、ひときわ目立つ跳ね橋こそがタワーブリッジ。とてもおおきな跳ね橋ですが開閉にかかる時間はそれぞれ1,2分。安全確認や船が通る時間を合わせても8分ほどだそう。はやっ!こんな大きなものを動かす動力源を作り出す人間の力おそるべしですね。

 

ビッグベン

ロンドンの象徴であるビッグベン!

とても楽しみにしていたビッグベンの姿がこちら。

f:id:Mr-381:20190323134922j:plain

 

なぬっ!どうしたビッグベン。怪我でもしたんか。鉄骨でぐるぐる巻きやんけ。。。

 

めちゃめちゃ残念なことにビッグベンさんは工事中でした。裏手の時計が見える場所へ移動してみます。

 

f:id:Mr-381:20190323134943j:plain

 

もうしわけない程度に時計が顔を出しています(笑)

ビッグベンの全貌を拝みたかったですがしょうがない。気を取り直して次の観光地へ足を運びます。

 

バッキンガム宮殿

さてお次に訪れたのはバッキンガム宮殿。ビッグベンより徒歩で20分ほどですが、その間には芝生や木々、池が美しい公園がありたくさんのかもやハトなどの動物が。さらに日本ではなかなか見られないリスが。

f:id:Mr-381:20190323142324p:plain

切り株の上で何かしていました。野生で見たのは初めてだったので、初めて見れたラッキーなどと思っていたのですが、バッキンガム宮殿に向かうまでに何匹ものリスにお目にかかれました。ここでは珍しくもなんともないみたいです(笑)

 

そんなこんなを楽しみつつバッキンガム宮殿に到着。

 

f:id:Mr-381:20190323134928j:plain

f:id:Mr-381:20190323142836j:plain

本当に先ほどのビッグベンから逆光でまともな写真が撮れない!むかつく!(笑)

 

しかもバッキンガム宮殿の目玉である衛兵交替式も拝めず終い。もう私はロンドンに何をしに来たんだと。もうこれはリベンジしかない。

 

まとめ

最後に訪れたイギリスでは散々なめにあいましたがとても楽しいヨーロッパ生活でした。8月の1日から26日までとおよそ1ヵ月という長い旅行。私にとっては初の試みでした。感想を述べると、1週間目はヨーロッパの街並み、新しい食や文化に触れ頭がパンクしそうになりました。2週間目はこっちの生活に少し慣れます。しかしまだ3週間もあるのか、帰りた。ってなります(笑)移動ばかりのハードな旅だったので。3週間目に入ると帰りたいという気持ちは微塵もなくなり長時間の移動なども全く苦痛に感じなくなってきます。4週間目はもう終わりかという寂しい気持ちと帰りたくないという気持ちがいっぺんに押し寄せてきます。

そして何よりこの1ヵ月で感じたのが世界の広さ、日本の偉大さでした。初めてのプライベートでの海外旅行で新しい文化に触れることはとても貴重で、自分の今までの小ささを思い知りました。

そして日本の偉大さ。観光をしていると街行く人たちがたびたび声をかけてくれます。Are you japanese?と。そうだと答えると本当にうれしそうに日本は素晴らしい、大好きだと言ってくれます。私が直接何かしたわけではないですが、日本人だというだけで信頼してくれ嬉しそうにしてくれる人たちを見ると日本は素晴らしいなとつくづく思いました。

 

ぜひ時間を持て余している方がいましたらどこでもいいので海外へ足を運んでみてください。必ず日本では経験できない貴重な何かを経験できるはずです。