初心者バックパッカーが行く!17日目

スポンサーリンク

スイス・クールへ

イタリアを後にしまして次に目指すのはスイス!

自然大好きの私にとって壮大な山々に囲まれたスイスはとても楽しみ。しかも皆さんご存知ハイジの舞台。

ミラノよりバスで4時間ほど。あー、待ち遠しい。

 

ハイジ村へ

f:id:Mr-381:20190311160345j:plain

クールに着きましたがもう絶景絶景。バスターミナルからの景色でこれなのだから、観光スポットなんて行った暁には絶景のあまり失神してしまうかもしれません。

 

さて、ハイジ村を目指すためには電車で15分ほどのマイエンフェルトへ。

f:id:Mr-381:20190311160924j:plain

マイエンフェルトにつき、降りた瞬間からこの落ち着いたのどかな感じ。親切にもハイジ村への案内板がそこかしこにあり、案内板に沿って歩を進めます。

 

f:id:Mr-381:20190311162808j:plain

 

駅から30分ほど歩き街を抜けると山道へ。

f:id:Mr-381:20190311161551j:plain

マイエンフェルトはワインの産地としても有名でブドウの木がたくさん見受けられます。

 

f:id:Mr-381:20190311161808j:plain

湧き水の飲み場が設置されていましたがこれもかわいい。常に2リットルのペットボトルを持ち歩き、それを水筒替わりに使っている私たちにとって湧き水は最高のおもてなし。ありがたくペットボトルを満タンにさせてもらいました。

 

f:id:Mr-381:20190311162138j:plain

更に歩を進めるとヤギを発見。

ハイジ村が近くなってきた証拠でしょうか。

 

f:id:Mr-381:20190311162324j:plain

先ほどのヤギのところから少しいったところにハイジ村はありました!

看板には日本語で「ようこそオリジナルのハイジの家へ」と。

おお、いよいよ着いたのかと心躍ります。

 

f:id:Mr-381:20190311162714j:plain

雰囲気満点です。

 

ここ付近にはこのような小屋が点々とあり、お土産屋さんやヤギと戯れれる場所もあります。

 

イヤー、大満足のスイスでした。

しかし、本日時間の都合上訪れることができなかったかの有名なマッターホルン。私の中では死ぬまでに見たい絶景の一つとしていますので、いつの日か必ずスイスに舞い戻ってきます。

 

あと一つアドバイスです。

長期間訪れる方は関係ないかもしれないですが、私のように1日だけと短期間の方はスイスに入る前に必要なものを買いそろえておいたほうがいいです。

スイスは物価が世界一高い国です。私が鮮明に覚えているのが日本でも有名な飲み物のファンタ。ファンタなんて500ml150円くらいで買えますよね。スーパーなら100円なんてことも。しかしスイスでは日本円でおよそ500円くらいした記憶があります。1ml1円なんて貧乏の私からしたらやってられない。

ちなみに私はスイスに訪れる前に滞在中分のごはん、飲み物を購入していきました。

 

 

これを踏まえたうえで、スイスの節約観光をぜひ楽しんでみてください!